国保連中央介護伝送ソフトで業務効率を変える!介護界を変える商品

シニア男性

手続きの手間をカット

階段を登る男性

インターネット経由による伝送請求が始まる

介護事業所にとって請求業務は非常に労力のかかる仕事でしょう。今まで、国保連に伝送請求を行なう場合は、ISDN回線以外の方法は認められてきませんでした。しかし、平成26年11月より全てのインターネット経由での伝送請求が可能となりました。これにより事業所の請求業務にかかるコストが大幅に削減される様になります。インターネット経由で伝送請求を行なうには、それに対応したソフトが必要です。現在、伝送請求に対応出来る介護ソフトが多数出ています。様々なソフトがありますが、機能面だけでなく、導入後のサポート体制が整っている点も選ぶポイントにすると良いでしょう。導入後のサポートがしっかりしていれば、伝送請求を行なう際の操作方法等に直ぐに対応してもらえるので時間的なロスが少なくなります。

具体的な登録方法について

以上のメリットを考えるとインターネット経由で伝送請求を行ないたいと考えている事業所も多いと思います。インターネット経由での請求に変更したい場合は、手続きを取る事が必要です。次に手続き方法について説明したいと思います。まず、国本連から「インターネット回線登録用紙」をダウンロードし、提出します。その後、送られてきた書類に従い、IDやパスワード等の登録を行い証明書の発行依頼をします。証明書が送られてくれば登録完了です。登録には手数料として13,900円かかります。インターネットはセキュリティの心配があるとの声もあがっています。しかし、セキュリティ対策の強化等を行なっています。導入から半年経ちましたが、特にセキュリティ面で問題となる報告はされていません。

Copyright© 2016 国保連中央介護伝送ソフトで業務効率を変える!介護界を変える商品 All Rights Reserved.